引っ越し体験記

実はまだ現在進行形である引っ越し・・・。
家の購入を決めたのは今年の2月。
3月には手続きが終わり、引っ越し日をいつにしよう?と悩んだ末、4月の末に決定。
さぁ、引っ越し業者を選ばなくちゃとのことで、便利なネット検索で一括査定を依頼。
おおよその金額がメールで送られてきつつ、すぐさま電話が鳴り始めました。
詳細をお聞きしたいのですが・・・とのことと、いつくらいにお引越しを予定されていますか?と。

4月の末の予定だと伝えると、一度現状を確認させていただきたいので訪問見積もりをさせてくださいとのこと。
そんな中で、3社見積もりに来てもらいました。
対応がよくて、金額も予算内でおさまるところをということで、A社で仮予約をしたところ
ぜひともウチでと、AH社が価格交渉に乗ってきてくれたので、最終的にはAH社に依頼しました。
クレジットカード払いができるというのも魅力でした。
梱包資材で、楽に詰めることができるBOXがあるのも魅力的でした。
何しろ洋服と、食器が多いものですから・・・。

梱包は何も考えずに、運び込む部屋のことだけ考えていたので
実際に新居に荷物が届いてからの荷ほどきは、思ったより大変!
いらないものを分別して処分しなくてはいけません。
本当は、引っ越す前に、これを行っておくといいですよね!
私には、その余裕がなくてできませんでしたが。

なので、いまだに分別しながら、方付けをしている次第です。

荷物を減らせばある程度、引っ越し料金を下げることが出来ます。ところが、処分する時間が足りなかったのですね。大きなゴミは普通、引き取りに来てもらうか持ち込むかです。しかし引き取りに来てもらうにはタイミングが合わず、持ち込むには交通手段(自家用車)がない。自宅での受け渡しが可能なリサイクルショップでもあれば、まだ良かったのですが、進学先は田舎でした。また、書籍は資源ゴミ扱いでしたから、大量に燃えるゴミとして出すと、回収してもらえない可能性もあります。

結局さほどゴミを減らせないまま、私はそれらを「荷物」として運んでもらいました。引っ越し代も無駄になりましたし、引っ越し後の荷ほどき、ゴミ処理も、徒労感でいっぱいでした。皆さんも引っ越しが決まったら、業者と打ち合わせするよりも早く、不要物を選び出し、処分しまくってください。

【引用】【引越し費用節約術】最安値の業者を探したい人の見積もりテク